FXのファンダメンタルズ分析とは

この記事では、相場の急変を察知したり、長期的な流れを予想したりするのに有効なファンダメンタルズ分析について解説していきます。

ファンダメンタルズ分析メインで勝っていくのは難しいですが、最低限の知識が無ければ理由のわからない大損をしてしまう原因となります。

意味不明な損失を回避するためにも、本記事でファンダメンタルズ分析の基本を覚えていってくださいね。

FXのファンダメンタルズ分析とは

FXには大きく分けて2つの分析方法があり、それはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析です。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析

テクニカル分析とは、過去の値動きが記録されたチャートというグラフを使って、未来の値動きを予想する分析方法となっています。

一方でこの記事のテーマであるファンダメンタルズ分析は、政治や経済の情勢から相場の行く末を予想する分析方法です。

分析要因は多岐に渡りますが、ここからはファンダメンタルズ要因の代表例である

  1. 金融政策
  2. 経済指標
  3. 要人発言

の3つについて解説していきます。

ファンダメンタルズ要因①金融政策

ファンダメンタルズ要因①金融政策

金融政策とは、各国の政府や中央銀行が経済を活性化させるために行う施策のことです。

その中でも、FXのトレーダーが最も気にするのは、各国の政策金利。

金利が高い国の通貨は保有しているだけでお金が増えますので、長期的に買われやすくなります。

2019年8月現在は、メジャー通貨では米ドルや豪ドル、マイナー通貨ではトルコリラやメキシコペソなどが高金利通貨の代表格です。

ファンダメンタルズ要因②経済指標

ファンダメンタルズ要因②経済指標

経済指標とは、各国の政府や省庁から発表される経済に関する統計データのことです。

相場の流れが急変する原因となることもありますので、トレーダーなら常にアンテナを張っておく必要があります。

経済指標の中でも、とりわけ有名なのが米国雇用統計です。

米国雇用統計は毎月第一金曜に発表される経済指標で、発表直後から米ドル系通貨ペアの相場が急変しますので、多くのトレーダーが注目するイベントとなっています。

雇用統計以外にもGDPや失業率といった統計データもあり、予想に大きく反する結果となれば大きな値動きに発展することもあります。

ファンダメンタルズ要因③要人発言

ファンダメンタルズ要因③要人発言

要人発言とは、各国の首相や大統領、財務大臣、中央銀行総裁といった人物の発言のことです。

その国の経済政策のカギを握る人物ですので、インパクトのある発言が飛び出せば、これもまた相場急変のトリガーとなります。

経済指標発表と要人発言のスケジュールは各FX会社のホームページやトレーダーのブログから確認することができます。

相場の急変にポジションが巻き込まれないよう、定期的にチェックする癖をつけておきましょう。

FXでのテクニカル分析とファンダメンタルズ分析のバランス

ファンダメンタルズ分析だけで勝つのは難しい

ファンダメンタルズ分析だけで勝つのは難しい

ファンダメンタルズ要因には、ここまで紹介したもの以外にも多くの項目があり、それらが複雑に絡み合います。

しがたって、ファンダメンタルズ分析オンリーで勝つのはかなり難しく、高度な専門知識が要求されます。

中長期の大まかな流れを見たり、相場の急変を察知したりするのには使えますが、売買のタイミングを取るのには適しません。

売買のタイミングを取るには、チャートから値動きを分析するテクニカル分析をしっかりと行う必要があるのです。

テクニカルとファンダメンタルズは8:2ぐらいの割合がおすすめ

テクニカルとファンダメンタルズのバランス

ですから、ファンダメンタルズ分析はテクニカル分析の補助といったスタンスでトレードを組み立てるのがおすすめです。

トレードスタイルにもよりますが、テクニカルとファンダメンタルズの注力具合は8:2ぐらいでちょうど良いのではないかと思います。

具体的にいえば、売買の判断はテクニカル分析をもとに行い、ファンダメンタルズ分析は経済指標の発表や要人発言のスケジュールをチェックして相場の急変に巻き込まれないようにするといった感じです。

相場の急変に巻き込まれそうなポジションを決済して取引量を調整し、相場が荒れているさなかでは新たなポジションを建てないと取り決めておきましょう。

ファンダメンタルズ分析を組み入れて上手に立ち回ろう

ということで、ファンダメンタルズ分析に関する解説は以上となります。

ファンダメンタルズ分析はとても重要ではあるのですが、トレードの軸にすることは難しいです。

FX初心者の方はテクニカル分析を軸に売買のタイミングを取り、ファンダメンタルズ分析は余計な損失を負わないための盾として利用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です