FXの証拠金とは?証拠金維持率の解説も

これからFXを始めようとされている方の中には、「証拠金ってなに?お金ってつくから大事なのはわかるけど、実際に大損をしないためには、どんなことに気を付けたらいいんだろう?」と疑問に思われている方もいらっしゃるかもしれません。

そこでこの記事では、FX初心者の方のために、証拠金とは何か?また、資金管理の目安としてとても大事な証拠金維持率という考え方について解説していきます。ぜひ、お役立てください。

FXにおける2つの「証拠金」

FXの証拠金とは

まずは証拠金とは何か?についてですが、ただ単に「証拠金」と言った場合にはトレードをするためにFX会社に預けている担保、つまり口座資金のことを指します。

ただ、FXの正しい資金管理を覚えるためには、他にも覚えるべき証拠金があります。

それは、「必要証拠金」と「有効証拠金」です。

FXの必要証拠金とは

FXの必要証拠金とは

必要証拠金とは、ポジションを建てるための担保となるお金で、例えるなら売買のポジションに対する人質とでも言いましょうか。

FXでは、売買の損益のみを負担する「差金決済」という仕組みが用いられますので、100万円の外貨を運用するために100万円の口座資金を用意する必要はありません。

たいていのFX口座は最大25倍までのレバレッジが使えますので、運用に必要な金額は1/25で済むのです。

例えば、1ドル100円の時に、ドル円で1万通貨のポジションを建てるとしましょう。

必要証拠金の計算例

取引額は100円×1万ドル=100万円となります。

ただ、FXでは25倍のレバレッジが使えますので、運用に必要な資金は1/25の4万円だけです。

この4万円が必要証拠金となります。

FXの有効証拠金とは

FXの有効証拠金とは

有効証拠金とは、証拠金(つまり、口座資金)に含み益を加えて、含み損を差し引いた金額を指します。

ちなみに、「含み益」とはポジションを保有中の暫定的な利益のことで、「含み損」とは暫定的な損失のことです。

なので、有効証拠金はあなたの口座に暫定いくらの資金が残っているか?を表し、「有効証拠金=口座資金(証拠金)±含み益・含み損」という式で計算することができます。

有効証拠金の計算例

具体例を挙げると、10万円の証拠金を入れている口座で、取引中のポジションの含み益が2万円、含み損が4万円だった場合は、口座資金10万円+含み益2万円-含み損4万円で有効証拠金は8万円ということになります。

必要証拠金と有効証拠金がわかれば、FXの資金管理においてとても重要な証拠金維持率を計算することができます。

FXで覚えるべき「証拠金維持率」という考え方

FXの証拠金維持率とは

証拠金維持率とは必要証拠金に対する有効証拠金の割合のことで、証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100という式で計算できます。

ご存知の通り、FXではレバレッジをかけて口座資金よりも何倍も大きなお金を運用します。

各FX会社では投資家が必要以上に大きな損失を出すことがないよう、損失が一定の基準まで膨らんだら強制的にポジションを決済する仕組みがあり、その仕組みをロスカットいいます。

証拠金維持率がなぜ重要なのかと言うと、ロスカットの基準に使われるからなのです。

具体例とともにロスカットが執行されるまでの過程を見てみましょう。

証拠金維持率が低下すると強制ロスカットが執行される

国内で最も多い口座数を誇るDMMFXでは、証拠金維持率が50%になったときにロスカットが執行されるように設定されています。

証拠金維持率はロスカットの基準になる

仮に、証拠金10万円の口座で1ドル100円の時にドル円で2万通貨の買いポジションを建てるとしましょう。

この時の必要証拠金は100円×2万ドル÷25で8万円となります。

この後、ドル円のレートが1円下がって1ドル99円になったとすると、下落幅1円×取引量2万ドルで含み損の金額は2万円。

有効証拠金は10万円-2万円で8万円となります。

この時点での証拠金維持率は必要証拠金8万円÷有効証拠金8万円×100=100%です。

強制ロスカットが執行される条件

では、そこからドル円のレートがさらに2円下落し、1ドル97円になったとします。

損失額は値幅3円×取引量2万ドルで6万円です。したがって証拠金10万円-含み損6万円で有効証拠金は4万円となります。

この時の証拠金維持率は、有効証拠金4万円÷必要証拠金8万円で50%です。

実際の取引だったらロスカットが執行され、6万円の損失が強制的に確定させられています。

1回のトレードで口座資金の6割を失うことになっているのです。

恐ろしいですよね?

証拠金維持率は200%以上をキープしよう

証拠金維持率は200%以上にキープしよう

このような大損をしないためには、証拠金維持率をしっかりと管理する必要があります。

安全なトレードをするためには、証拠金維持率を200%以上に保つのがおすすめです。

200%を割り込まないようにしておけば、そうそうロスカットに遭うことはありません。

ポジションを建てる前に必要証拠金をチェックし、その金額が口座資金の半分以上に相当する場合は危険信号です。

取引量を落とすか、取引自体の見送りを検討しましょう。

証拠金をしっかり管理して安全にFXを楽しもう

ということでFXの証拠金と証拠金維持率の解説は以上となります。

FXで大損をしないために管理すべきは「証拠金」です。

必要証拠金と有効証拠金の違いを覚えて、証拠金維持率をしっかりと管理していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です